【終日・7〜8時間】基礎から学ぶ!働き方が変わるタイムマネジメント入門研修

本研修の概要

研修対象者

・新入社員〜中堅社員
・タイムマネジメントについて全く学んだことのない初学者
・学んだことはあってもあまり得意ではない初級者
・実際の業務において「タイムマネジメント」の課題を強く感じている方
・新入社員も良いが、入社後2〜5年程度の方が更に効果的

研修内容

新入社員〜中堅社員の方が、実際の業務内で問題解決に活用できる「ロジカルシンキング」を学ぶ、1日研修です。

【ハマる対象者や課題感】
・ロジカルシンキングの初学者
・ロジカルシンキングそのものをイチから丁寧に学びたい人
・多少学んだことがあってももう一度きちんと体系的に整理したい人

【この研修の特徴】
1.フレームワークや基本概念について丁寧に解説
ロジカルシンキングの「フレームワーク」の特性や使い所、なぜこういうフレームが有効なのか?という点から順を追って解説していきます。また、様々な「概念(MECE・演繹・帰納など)」についても、フレームワークとどう関連するか?フレームワークを使いこなすためにどの概念がどう重要か?など初学者がつまづきやすいポイントを丁寧にお伝えします。

2.現実の問題に対処するための「思考プロセス」
様々なフレームワークや概念を「知っている」だけでは、現実の問題に対処する際、ロジカルシンキングを活かすことは出来ません。現実の仕事の中で問題解決に活用するためには、どういう「思考プロセス」が必要か?という点もお伝えし、ワークの中で実際に体感していただきます。

3.わかりやすく実践的な講習&トレーニング
研修資料は、理解しやすく集中できるよう独自メソッドに基づいて作成しています。
グループワーク・個人ワークを多く行い、書籍や動画とは違う研修形式ならではの気づき・学びが得られるよう工夫をしています。

【受講者の声】
「MECEなど知らなかったが何となく使っていた考え方について、詳しく知ることが出来て良かった。自分は比較的論理的に考える方だが、フレームワークを知ることでもっと有効に考えられるようになりたい。」30代・男性
「ロジックツリーをうまく使えるようになりたいと思います。思考プロセスを考えられていないと気づいたので、業務の中で意識したいと思いました。ワークでは積極的に話が出来て楽しかった。」20代・女性

研修で学べること

・ロジカルシンキングを学ぶ重要性と必要性
・ロジカルシンキングを実際の仕事において機能させるために必要な要素
・代表的なフレームワーク:ツリー型(ロジックツリーなど)/マトリクス型(分布図など)/フロー型(時系列など)
・必要となる基本概念:MECE/チャンク/演繹法・帰納法/独立と従属/因果関係と相関関係
・現実の問題に対処するための「ロジカルな思考プロセス」
・論理思考のトレーニングとして有効な「フェルミ推定」の実践

研修カリキュラム

(1)イントロダクション
ロジカルシンキングとは / 研修の目的&ゴール / 自己紹介

(2)ロジカルシンキング導入
ロジカルシンキングの構成要素 / 必要性 / 土台となるマインドセット

(3)フレームワークと基本概念(前半)
ツリー・マトリクスと必要となる概念

(4)フレームワークと基本概念(後半)
フローと必要となる概念 / 思考プロセス / フェルミ推定

(5)総合演習
フェルミ推定で実践するロジカルシンキング(グループワーク)

(6)まとめ

参加者の必須条件

特になし

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

◯時間設定:7〜8時間程度

◯対応人数:10〜30人

◯コンテンツ制作料
・標準コンテンツ(修正なし) 無料
・他既存コンテンツとの差替 4.5万円(税抜)
・オリジナルコンテンツ含む制作(30%未満) 7万円(税抜)
・オリジナルコンテンツ含む制作(30%以上) 10万円(税抜)

※社名・日付のみの軽微な資料修正は無料対応(当社判断)
※制作量は、使用する資料総量に対する割合で算出

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

ウイルネス株式会社 / 代表取締役 2015年〜2019年

講師として新入社員研修・各種ビジネススキル研修・セミナー(自社開催・他社開催とも)に登壇。研修コンテンツの企画・制作を担当。また新人講師養成のインストラクターも担当。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。