若井 先生の研修一覧ページ【Oncy】

若井 先生

長岡病院

対応地域:全国

Oncyは新規相談の受付を終了しました

プロフィール概要

【所属・資格】
 公認心理師/臨床心理士
 長岡病院 心理課 係長
 大阪経済大学・花園大学・立命館大学 非常勤講師
 EAP研究所 客員研究員
 認知療法研究所 嘱託研究員

【専門】
 認知行動療法
 マインドフルネス
 コミュニケーション論

【略歴】
 京都大学でドイツ観念論哲学とその日本への影響を学ぶ。社会人経験後、認知行動療法の第一人者である井上和臣先生の指導を仰ぐために、鳴門教育大学大学院に進学。この頃から認知行動療法とマインドフルネスの実践・研究を始める。

 大学院修了後、長岡病院に入職。大阪経済大学・花園大学・立命館大学の非常勤講師、EAP研究所の客員研究員、認知療法研究所の嘱託研究員などを兼務。少年院へのマインドフルネス導入の助言も行っている。

 大阪経済大学では「キャリアサポート特殊講義(組織コミュニケーション)」「キャリアサポート特殊講義(ヒューマンファクターのリスク論)」、花園大学では「マインドフルネス実践論」、立命館大学では「教育相談の理論と方法」「教育相談の実際/カウンセリング研究」を担当。

 EAP研究所では、EAPに関する研修会講師や論文執筆を行っている。

 認知療法研究所では、認知療法・認知行動療法に関するセミナーを実施し、講師を担当している。

 認知行動療法やマインドフルネスの研修をこれまで100回以上担当してきた。

 『マインドフルネス認知療法ワークブック』(北大路書房)のスクリプト監訳。『認知行動療法事典』(丸善出版)の「認知再構成法」の項執筆。

職歴

  • 長岡病院 / 係長 2010〜 現職

     認知行動療法を活用したカウンセリングに従事してきました。それとともに、専門家対象の認知行動療法研修、企業向けのメンタルヘルス研修などを多数担当・実施しています。
     病院からの派遣で、毎週、企業や学校でもカウンセリングやコンサルテーションを行っています。

研修実績の一部紹介

  • 某メーカー様
    メンタルヘルス研修

    管理職30名ほどに対して、2時間のメンタルヘルス研修を行った。このなかで、認知行動療法の技法である「認知再構成法」を紹介し、実際に考え方を変えることによってストレスを低減する方法を体験していただいた。

  • 某一般財団法人様
    メンタルヘルス研修

     職員30名ほどに対して、2時間のメンタルヘルス研修を行った。このなかで、認知行動療法の技法である「認知再構成法」を紹介し、実際に考え方を変えることによってストレスを低減する方法を体験していただいた。

  • 某社会福祉行政機関様
    行動分析学の基礎と使い方研修

     行政機関の職員30名ほどを対象に、1時間半の行動分析学の研修を行った。行動分析学を使えば、望ましい行動を増やし、不適切な行動を減らせることを講義とワークをとおして理解していただいた。

  • 某社会福祉行政機関様
    認知行動療法基本スキル研修

     行政機関の職員20名ほどを対象に、丸4日間にわたって認知行動療法についての研修を行った。認知行動療法のアセスメントの方法から代表的な技法について解説し、ワークをとおしてある程度使えるように練習していただいた。

  • 某私立大学様
    認知行動療法を活かしたメンタルヘルスケア研修

     大学の教職員30名ほどに対して、1時間の研修を行った。この中で、認知行動療法の概要と、代表的な4つの技法を紹介し、どのように自身のメンタルヘルスケアに活かしていくのかを、体験を交えて解説した。

  • 某独立行政法人様
    マインドフルネスによるストレス低減法研修

     社員約30名に対して、2時間の研修を行った。この中で、マインドフルネスの概要を説明し、実際に体験していただいた。体験をとおして、なぜマインドフルネスがストレス低減に役立つのかを理解していただいた。

  • 某自動車部品メーカー様
    マインドフルネスによるストレス低減法研修

     社員約30~40名に対して、2時間の研修を2回行った。この中で、マインドフルネスの概要を説明し、実際に体験していただいた。体験をとおして、なぜマインドフルネスがストレス低減に役立つのかを理解していただいた。

  • 某自動車部品メーカー様
    ラインケアの基礎知識と対処法研修

     係長クラスの社員20名弱に対して、丸一日ラインケア研修を行った。リーダーシップとラインケアの関係、部下の話を聞く方法、メンタルヘルス不調に陥った部下への関わり方などを、ワークをとおして解説した。

  • 某自動車部品メーカー様
    セルフケアの基礎知識と対処法研修

     20名の係長クラスの社員に対して、丸一日のセルフケア研修を行った。その中で、認知行動療法の概要と諸技法を紹介し、認知行動療法を活用してストレスを低減する方法を体験していただいた。

  • 日本産業衛生学会 近畿地方会様
    マインドフルネスによるうつ病予防

     産業医や産業保健師の方を中心とした約50名に対して1時間半の研修を行った。マインドフルネスを活用したうつ病予防の方法について解説し、マインドフルネスを実際に体験していただいた。

  • 京都労働健康管理会様
    メンタルヘルス指導の実際―心理検査と認知行動療法の活用―

     簡単な心理検査であるTEGと認知行動療法を活用したメンタルヘルス指導について研修を行った。TEGを用いれば、認知行動療法のどの技法を使うのがよいのか、ある程度アセスメントできるとして、事例をとおして解説した。

  • 大手電子部品メーカー
    認知再構成法を用いたセルフケア研修

    3年目の職員50名ほどを対象とした2時間のセルフケア研修を実施しました。この中で、認知療法・認知行動療法の代表的な技法である「認知再構成法」を解説し、考え方を変えることによって不快気分を和らげる方法を体験していただきました。

若井 先生の研修一覧

1/1ページ

150,000円 税抜/1日 目安1日

マインドフルネスを活用したストレス低減法研修

 近年、認知行動療法の世界に導入されている「マインドフルネス」という瞑想を用いたストレス低減法を説明し、実際に体験したいただく研修です。  マインドフルネスは抑うつ気分や不安、それに慢性痛に効果があり、怒りや衝動性のコントロールにも用いられている、汎用性の高いストレス対処法です。  グーグルやインテルなどのIT企業が導入して生産性をあげているほか、プロスポーツ選手も注目しているなど、集中力やパフォーマンスの向上も期待できます。  本研修では、マインドフルネスとはそもそも何かを解説した後、複数のワークを体験していただき、体験した内容をシャアすることによって、マインドフルネスについての理解を深めていただきます。

長岡病院 若井 先生 / 対応地域:全国

150,000円 税抜/1日 目安1日

認知行動療法を活用したセルフケア研修

 認知行動療法の理論をもとに、自分自身のストレスに気づいて、それに対処する方法を体験をとおして学びます。認知行動療法はもともとセルフ・ヘルプの心理療法であるため、やり方を学べば自分で自分に実施することが可能です。うつや不安、怒りなどの不快感情への対処法を学び、身に付けることができます。

長岡病院 若井 先生 / 対応地域:全国

0円 税抜/1日 目安1日

フリー相談

自動で作成される研修です。 まずは相談して見てください。 研修費用や日程の目安などはやりとりの中で自由に変更できます。

長岡病院 若井 先生 / 対応地域:全国

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。