セカンドキャリア研修(シニア社員のモチベーション向上を目指す)

本研修の概要

研修対象者

【40~45歳の方】

※シニア社員のモチベーション低下を危惧している企業様、改善策を考えている人事担当の皆様、是非ご検討ください。

研修内容

40歳を迎えたタイミングで、これまでのキャリアを今一度振り返り、自らが属する組織へのこれまで以上の貢献を考えると共に、これから到来するであろう役職定年や定年退職を意識し、更にそれ以降の自分の生き方を創意する。
限りのある職業時間を消化するのではなく、自分にとって有意義な時間にすることを目的に、今後の「キャリア」を主体的に考えていく意識を高めていただきます。

<研修のポイント>
①SE(セルフエンプロイメント)は仕事だけではなく、自分の人生をも包含した考えであることを理解する

②これまでの実績・貢献を基に、今後の更なる貢献を意識し、具体的なアクションプランを考える。

③改めて「価値観」「生活」「経済(資金)」「健康」について見直してみる

④今後のキャリアをデザインしてみる

<研修受講後の目標>
①キャリアの主体は「自分」であることを理解し、自分をどう生かすのかを明確にする
②組織や後進に対し、これまでの経験・知見をどのように有効活用するのか、具体的なイメージを作る
③人生100年時代において長期的な視点で今後のキャリアをデザインし、一歩踏み出す決意をする

研修で学べること

●組織依存では存続不可能な時代の理解
●自分は何者なのか、何を求めているのか?
●自分のリソースの確認と今後への展望
●セルフエンプロイメントを軸とした自分作り

研修カリキュラム

【プログラム例】

◎40代のキャリア(デザイン)とは
・キャリアとは何か?なぜキャリアを考えなくてはならないのか
・時代の流れと変化を再認識する
・自分を軸としたキャリアデザインの必要性について

◎会社のフレームから自分フレームへシフト
・組織のビジネス軸から、自分軸の構築
・自分の存在意義と価値を認識する
・職業(会社)人生で得たものとは?

◎本来の自分とは
・自分が夢中になれるもの、ワクワクするものは何か
・幼少時代に描いた夢とは
・自分の価値観とは(各種ワーク)

◎マネープランの検討
・キャッシュフローをもとに、人生のありかたを創造する
・資産の整理、資産を増やす、資産を守る

◎キャリアをデザインする
・これまでのしがらみが無い人生の考察
・自分を活かす生き方の創造
・何でもできる時間の到来と、第一歩を踏み出す

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

最小催行人数5人
最大催行人数30人

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。