デザイン思考基礎研修~問題を見つけるところから始め、その解決策を生み出し、価値を届ける手法~

本研修の概要

研修対象者

商品企画、新商品企画開発、新事業部門等の職務において新商品や新事業担当者や人材育成担当者

研修内容

ライフスタイルの変化に伴い、従来の技術起点のモノづくりやサービス提供が、人間中心起点へと変化しています。収益を上げるためには自らコンセプトを創造し、新たな市場を創出することが求められており、このようにイノベーションを意図的にファシリテーションする手法として「デザイン思考」が注目されています。デザイン思考の5ステップ〔Empathize(観察・共感・洞察)/Define(問題定義)/Ideate(アイデア)/Prototype(プロトタイプ)/Test(テスト・評価・改良)〕を学び実践しながら、特に行動観察に重点を置き、イノベーティブな製品やサービスをつくり上げる手法を身につけます。

研修で学べること

・デザイン思考
・観察工学
・アイデア発散
・アイデア収束
・プロトタイピング
・検証

研修カリキュラム

【講義の構成】
この講義は、部署の垣根を超えたチームを形成し、ワークショップ形式で実施します。
1.デザイン思考概論
2.チームビルディング&アイスブレイク
3.行動観察と問題定義 〔Empathize〕 〔Define〕
4.課題に対するソリューションの創出 〔Ideate〕
5.個別課題に関する検討 〔Ideate〕
6.プロトタイピングとプレゼン準備 〔Prototype〕
7. プレゼン発表と講評 〔Test〕
8. ラップアップ(振り返りまとめ) 〔Test〕

参加者の必須条件

25人以下/回、8時間/日。対面によるワークショップ形式の他、オンラインでも実施可能です。

対象人数の目安

中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。