もっと信頼され、もっと感動させるリーダーになる!研修

本研修の概要

研修対象者

「今でも十分成果は出ているけど、もっと会社も自分も飛躍・成長させるためにどうすればいいんだろう・・・」と、ちょっと迷っている幹部・リーダー向けです。

研修内容

あなたは、もしくは、あなたの会社の幹部・リーダーは、一緒に働いている仲間に心から信頼されていますか?

あなたは、もしくは、あなたの会社の幹部・リーダーは、一緒に働いている仲間を感動させられていますか?

もし、仲間に心から信頼されて、仲間を感動させられているなら、ここから先はお読みいただかなくて結構です。
なぜなら、あなたは、もしくは、あなたの会社の幹部・リーダーはすばらしい幹部・リーダーだからです。
会社も仲間もその方々もどんどん成長・発展しているでしょう。

しかし、ちょっとどうかなー・・・と思われている方は、少しだけお付き合いください。

「信頼」・「感動」という言葉を書きましたが、そもそもなぜ幹部・リーダーに「信頼」・「感動」が必要なのでしょうか?

それは、人は理屈では動かないからです。
理屈で人が動くのであれば、そんなカンタンなことはありません。
理屈で動くのであれば、仲間とのコミュニケーションで悩む幹部・リーダーはいないはずです。

人が理屈で動かないから、仲間とのコミュニケーションに悩み、仕事がうまくいかない・・・という幹部・リーダーが多いのです。
(注:私は「部下」という言葉を使いません。偉そうな感じがするからです。対等でありたいと思っていますので仲間と言っています)

会社は組織・チームですので、協力したり、助け合ったり、補い合ったりしながら進めていく必要があります。
幹部・リーダーは、仲間の仕事がうまくいくように、言わば指揮を執る大きな役割があります。
では、どんな人の指揮なら従おうと思うでしょうか?

もう、お分かりですね!

人は理屈では動きません。
幹部・リーダーの姿が仲間を動かすのです。
究極は、人から信頼され、人を感動させられる幹部・リーダーです。
日本中の幹部・リーダーが仲間から信頼され、仲間を感動させられるなら、会社も仲間もどんどん成長・発展していくでしょう。

そして、誰よりも、そんな幹部・リーダーが最も成長します。
そんな幹部・リーダーが一人でも多く増えてほしいと思い、この研修を行います。

研修とは、気付きの場であり、決める場です。
自分自身を客観的に見て、”今”からどうしていくべきかを決めて、行動につなげていただきたいと思います。

ですので、この研修では、考える時間とディスカッションの時間と共有する時間が研修4時間中の2.5~3時間を占めます。
なぜなら、アウトプットを大事にするからです。
アウトプットすることで人は行動に移します。

この研修で気づき、決めたことを、ぜひ行動に移して、仲間から信頼され、仲間を感動させられる幹部・リーダーになってください。

<研修の内容>

●自分を客観的に見る
●理想の幹部・リーダー像を描く
●理想を実現するための行動目標を決める

研修で学べること

「もっと信頼され、もっと感動させるリーダーになる!研修」では、このようなことを得ていただきます。

●ご自分の姿を客観的に見ていただけます
●客観的に見られることで、目指す姿・イメージが明確になります
●目指す姿・イメージが明確になることで、「こんな幹部・リーダーになる!」と決めることができます
●「こんな幹部・リーダーになる!」と決めることで、行動に移せるようになります
●ディスカッション・共有し、他のメンバーの話を聞くことでたくさんの気づきを得られます
●ディスカッション・共有の場を体験することで、職場でも同様に行うことができ、チーム力向上のきっかけ作りを行うことができます

研修カリキュラム

当日はこのような内容で進めていきます。

●オリエンテーション
●本日のゴール
●自分を客観的に見る(ワークとディスカッション)
●理想像を無責任に描く(ワークとディスカッション)
●理想像になるための行動目標を決める(ワークとディスカッション)
●まとめ

参加者の必須条件

参加者はこのような方々を想定しています。

●幹部・リーダーでご活躍中の方
●これから幹部・リーダーを目指される方・目指してほしい方

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。