【保育士採用】良い人材を確保する為の手法を学ぶ研修(入門編)

本研修の概要

研修対象者

保育事業運営会社の人事、経営者

研修内容

良い人材(保育士)を確保する為の手法の入門編を学べます。

◎目的
・現在の保育士採用の市場を知る
・現在の採用の初歩を知る
・現在の採用活動における求人票の作成方法・広告出稿方法を学ぶ

◎研修後になって欲しい姿
・今の時代の採用市場を認識し、採用活動ができる
・適切な求人広告を作成できる
・広告を適切な媒体に出すことができる
・欲しい人材をピンポイントで採ることができる
・潜在保育士の掘り起こしを狙う

研修で学べること

・良い人材(保育士)を確保する為の手法の入門編を学べます

研修カリキュラム

1.オープニング
・自己紹介
・本日の研修の目的
・研修終了後になって欲しい姿

2.現実の認識
・有効求人倍率:2018年11月の有効求人倍率は3.20倍(東京では6.44倍)厚生労働省資料より
・潜在保育士の数:約76万人(厚生労働省資料より)
・世の中の評価(ネット等のリサーチ):職種別年種ランキング289位/311中 マイナビ転職より
・人材紹介エージェントとして感じる事:保育士の求人がない。あったとして、スカウトをしても反応がない。

3. 予算について
・前年度の採用予算、今年度の採用予算の算出。現状の把握。採用方針の決定。どの媒体に、いくらかけるのか?
・採用を考える前にウェブサイトの充実。→ウェブサイトから法人の印象が決まってしまう場合もある。予算をかけるべき。

4.魅力的な求人票作成の追求
・とある会社の求人票を比べてみる:どちらが魅力的か。
・公設公営(公務員)の保育士の求人と比べてみる。
・何を強調すべきか?:作成時のポイントを考える。
・採用は競争。他社に負けない求人票を目指す。

5. 広告媒体の選別
・職安について:出すことに意味はないとは言わないが、ほとんど意味はない。質は低い。杉江の学童経営者時代の体験談も。
・どこに求人を出しているのか?:自社ウェブサイトが最初の一歩。しかし自社サイトのみだと苦しい。
・民間の求人サイトの検討:掲載型と、成功報酬型の違いを知る。どちらに出すべきか。
・人材紹介エージェントの利用を検討する:エージェントの仕組みなどを知る。

6. 労働環境の整備の徹底
・ビジネスモデル上、無認可保育園を除き給与を積極的に上げていくことはほぼ不可能。なので労働環境、ワークライフバランス、自身が成長を感じる職場など、職場環境の改善を積極的に考えていく努力。
・ハラスメントの撲滅
・残業(サービス残業も含む)をゼロに近づける
・綺麗な職場
・有給消化率100%
・基本的には休みたい時に休むことができる。(家庭の事情、プライベートの事情を優先できる)
・時短勤務の導入。

7. 潜在保育士の掘り起こし
・約76万人(厚生労働省資料より)を、どう考えるか?
・辞めたくないけど辞めた方の職場復帰を助けるような考え。特に子育て中の主婦を狙うとしたら、時短勤務、休みの取りやすさなどの、労働環境の改善の徹底。

8・その他の採用方法
・リファラル採用
・退職者の復職制度

9.全体のまとめ(今後一からやるべきこと)
・大前提として、退職させない。(一人当たりの採用コストを考える)
・現実・保育士採用の市場の認識
・採用方針の決定
・魅力ある求人票の研究
・広告媒体の選別
・労働環境の整備の徹底
・潜在保育士の掘り起こし
・その他の採用方法の実践

以上。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

U.N.A (個人事業) / 代表 2020年〜2021年

フリーランスとして活動をしています。
◎保育コンサルタント
・学童保育、保育園、児童館に関して様々な企業様に研修・アドバイス(開業・集客・採用・リーダーシップについてなど)を行なう

◎長期業務委託(コンサルティング)
・株式会社グローバルキッズ学童保育部門:保育専門家として業務委託契約締結。運営面強化や集客面強化の一部業務を請け負う。

・株式会社キッズホーム欒:業務支援のコンサルティング。組織の仕組みづくりから実際に手足を動かしながら支援に入る。
また、様々なミーティングなどに参加し、適切なアドバイスを行う事で事業を円滑に進める支援を行う。

・都内保育園運営予定法人:認可保育園開業支援。
認可保育園開業に向けて、様々なアドバイス、リサーチを行い、認可保育園を開業できるようサポートを行う

・都内異業種法人:学童保育開業支援
民間学童保育開業に向けて、様々なアドバイス・資料作成・研修の実施などを行い、開業に向けて支援を行って行う

関連する研修実績一例

世田谷区 / 保育士採用

保育事業者向け保育士採用の研修講師を務める

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。