ロジカル・コミュニケーション力を磨くディベート研修

本研修の概要

研修対象者

主に入社1~3年目の方が対象です。ロジカルにコミュニケーションする力が求められるコンサルタントはもちろん、ビジネスマンの基礎として幅広い方におススメです。

研修内容

入社1~3年目の方を対象に、ディベート研修を行います。

コンサルタントに限らずビジネスマンとして活躍するには、ロジカルにコミュニケーションする力が重要です。
ディベートは、ロジカル・コミュニケーション力を身につける格好のトレーニング方法と言われています。

ロジカル・コミュニケーション力は、以下の4要素の力で構成されます。
・「見る」=客観的、批判的、多角的視点
・「考える」=論理的思考
・「聴く」=傾聴
・「話す」=伝達

これら4要素の力を、ディベートの概説や実践を通して、こまめにセルフチェックおよび講師からフィードバックをしながら身につけていきます。

実践では、参加者同士の練習試合を行います。
短い時間で論を組み立てて闘わせるのは、ゲームのように楽しく、かつ緊張感があり、濃密なトレーニングとなります。

過去の研修の参加者からは、「傾聴というのは難しく、普段の自分に足りていないことだと気づいた。」「批判的視点を明日から実践できる」などの声をいただきました。
参加者にとっては、身につける力を明確に意識した上で実践に臨み、フィードバックを得る、という経験が効果的であったようです。

研修で学べること

・「見る」=客観的、批判的、多角的視点
・「考える」=論理的思考
・「聴く」=傾聴
・「話す」=伝達

研修カリキュラム

・オリエンテーション(身につけることの明確化)
・ディベート概説
・ディベート実践(2回)
・振り返り(身につけたことの明確化)

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

研修時間は1日が目安です。
一例:10~17時(途中休憩1時間)

関連する講師情報

関連する研修実績一例

ITコンサルティング会社様 / ロジカル・コミュニケーション力を磨くディベート研修

2020年、入社1・2年目の社員6名を対象としたディベート研修を実施しました。

<背景>
コンサルタントに限らずビジネスマンとして活躍するには、ロジカルにコミュニケーションする力が重要です。格好のトレーニング方法として、ディベートを活用しました。

<概要>
期間:1日(10時~17時、休憩1時間)
内容:ディベートの概説、実践を中心とする

ロジカル・コミュニケーション力として、次の4要素の力を養います。
・客観的、批判的、多角的視点
・論理的思考
・傾聴
・伝達

ディベートの概説や実践を通して、こまめにセルフチェックしながら4要素の力を身につけていきます。また本研修では、練習試合を経営陣の方々も観戦され、良質なフィードバックをされていました。

<効果>
参加者からは、「傾聴というのは難しく、普段の自分に足りていないことだと気づいた。」「批判的視点を明日から実践できる」などの声をいただきました。

参加者にとっては、身につける力を明確に意識した上で実践に臨み、フィードバックを得る、という経験が効果的であったようです。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。