「キャリアシフトチェンジのためのワークショップ」研修

本研修の概要

研修対象者

現在40代の半ばから50代の方
活き活き働き続けるシニアになるためには、定年間近になっても間に合わない場合もあります。環境変化に柔軟に対応ができるように、40代半ばから受講対象となるように設計しております。

研修内容

「キャリアシフトチェンジのためのワークショップ」は、現在40代の半ばから50代の方が、シニア世代になっても職場の戦力として活き活きと働くためにはどうしたら良いかを自ら考え、今後の行動変容を促すための研修です。
 
これまで一般的な定年年齢であった60歳が職業生活の終着点ではなくなり、新たな職業生活の出発点、もちくは通過点に変化してきた現代では、シニア自身も「年齢に関係なく働けるうちは働きたい」との意識改革はすでに起きて居ました。

ベテラン従業員の方々が、モチベーションを保って働き続けるための、シニア向けの働き方に対する備えが必要です。

研修で学べること

能力開発が目的です。
これまでのキャリアを見直し、シニアになっても必要とされる存在に代わる必要があることを伝え、その時期に求められるかを学ぶことがこのワークショップの目的です。

ワークショップで自分の強み弱みを把握し、活き活き働き続けるシニアの実現に向けて行動変容を促します。

研修カリキュラム

・事前課題の取り組み(シニアになってどう働くかを意識)
・オリエンテーション
・質問票による自己診断の解答
・キャリアシフトチェンジの解説と意見交換(グループワーク)
・個人ワーク(事例検討)とグループ発表
・プラットフォーム能力の解説
・レベル認識票による自己診断
・診断結果の整理と行動計画の策定
・フィードバック・振り返り

参加者の必須条件

対象者の年代以外は特に必須条件はありません。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

*別途教材費が発生いたします。
*最大24名までが適性人数です。
*研修の前後にキャリア面談も組み合わせが可能です。

お気軽にお問合せご相談ください。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。