今必要とされるFTA(Failure Tree Analysis)研修 オンライン可

本研修の概要

研修対象者

製品サービス開発に従事する従業員、チームリーダー。

研修内容

 事業を取り巻く環境が大きな変化を迎える今、既存とは異なる事業を検討することは、間違ってはいない。しかし、構想の出来上がった製品サービスを具体的に開発する際に十分に検討を行うことは難しい。御社の既存の事業分野とは異なる事業分野に既存の製品サービスを投入したり、新製品サービスを既存の事業分野で展開したり、新しい製品サービスを従来とは異なる事業分野の顧客に提供したり、今は存在しない新しい市場に取り組むことを考えたりするだろう。当然のことながら、新しいことに取り組む際には従来の知見を活かすことだけでは十分な検討がなされないということである。

 では、どの様に検討に取り組むのか?

 たとえ、全く新しいことに取り組む際であっても、検討する内容によって、従来の知見を活かすことができる分野と活かしにくい分野に必ず分けることができる。検討において大切なことは、 どの部分に新たな知見が必要なのかをきちんと見極めて、取り組むことである。既存の知見を活かし、未来に視点を向け、新しいことに取り組むということである。

 FTA(Failure Tree Analysis)は、品質管理の手法の一つで、故障や不具合の事象とその原因をツリー構造化して、深堀りすることで、真の原因の究明と効果的な対策の検討に用いられる。モノづくりで発生した後の故障や不具合の検討に用いられているこの手法を、最近は、故障や不具合を起こさないための取り組みである未然防止に用いられたり、様々なプロセスの検討に用いられたりしている。未然防止やビジネスプロセスの検討では、抽象度の高い、漠然とした事象を扱うことになるが、ツリー構造化で原因を深堀りする中で、抽象度の高い、漠然として事象は具体的な検討項目に分解されていく。この分解されることで明確になる具体的な検討項目を一つずつ、既存の知見と照合することで、従来の知見を活かせる項目と未知の項目を仕分け、新しいことへの十分な検討を行うための計画づくりが可能になる。
 FTAを使われた経験をお持ちの方も、未然防止やプロセスの検討に用いた経験は少ないのではないだろうか。

 本研修では、具体的なお話をお聞きしながら、未然防止やプロセスの検討の観点からFTAをより実践的に用いるためのポイントを細かく、具体的に紹介する。勿論、具体的な案件はないがFTAに関心をお持ちの方へも、事例を紹介しながら、ポイントを紹介していく。一般的に広く使われる様になっているFTAではあるが、効果的に現場で用いるためには、ロジカルシンキングへの理解が必要になる。初めてFTAに触れる方へも、改めて未然防止とプロセスの検討のためのFTAに関心を持っていただいた方へも、現場で新しいことへ挑戦するための実践的な道具を提供する。

研修で学べること

現場でFTAを用いた検討が行えることができる。

研修カリキュラム

・FTAとは
・ロジカルシンキング
・FTAの特徴
・FTA実践のポイント
・Q&A

参加者の必須条件

特になし。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

研修費の目安は5名までの受講者の場合である。受講者が5名を超える場合は別途見積もりを提出いたします。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

ミームテック技術士事務所 / 代表 2016年〜2018年

「顧客価値駆動型開発」プログラムにより、製品サービス開発を支援。リスクマネジメント関連の研修講師。エンジニア向けにAI/IoT関連講演講師。新入社員向け機械系研修講師。Consulting Coachとして、「正しい事を、正しく行う」ことを基本理念に「課題解決と人財育成」の実現するを目指し、様々な取り組み等を企画し、日本のモノづくりを支援している。個人向けに、Coaching Sessionも提供している。

関連する研修実績一例

中小製造業 / エンジニア向けリスクマネジメント研修

「開発設計におけるリスクマネジメント」を実施。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。