【オンライン・Web】3時間で学ぶ、ロジカルシンキングよりも先に身に付けたい、「分ける」力アップ研修

本研修の概要

研修対象者

・ロジカルシンキングを学ぶ前の若手社員~中堅社員
・ロジカルシンキングを学んだが、やや苦手な社員の方
・仕事力をアップさせ、業務効率を上げたい社員の方
・新入社員・若手社員に説明する不得手な上司の方

研修内容

大企業・中小企業・行政関係者など業界・職種問わず1000人以上のビジネスパーソン(経営者・管理職・社員)と面談して、見えてきた仕事がデキる人のコツ。

「分ける」

・もっと仕事がデキるようなりたい!成長したい!
・上司がうなずく、分かりやすい報告・連絡・相談をしたい!
・さっと仕事を済ませて早く帰れる段取り術をマスターしたい!
・上司も同僚も一目置くビジネスパーソンになりたい!
・お客様からも信頼されるコミュニケーションを取りたい!
といった方にオススメの研修です。

中には、もっと筋道を立てて、説明したいということで、ロジカルシンキングを学びたい、ロジカルシンキング研修を受けたいという方がいらっしゃると思います。

私自身も、20代の頃、上司から「論理的に話すように心掛けるように」「筋道が整った資料を作るように」などと上司からアドバイス・指示されたことがきっかけで、ロジカルシンキング(論理的思考力)を勉強し始めました。

そして、現在、経営コンサルタント・研修講師として、ロジカルシンキングをお伝えしていますが、論理的思考力がより研ぎ澄まされる人と、さほど効果が上がらない人に2極化してしまいました。すると、研修をしてもどんどん差がついていく状況を目の当たりにしました。

なぜ、このような状態になるのか、ロジカルシンキングができる人、そして仕事がデキる人の1,000人以上面談した記憶、そして今、そういう方に会ったときに観察し対話しながら、ロジカルシンキングができる人は、基本的に「分ける」ということを意識的に・無意識的におこなっている人ということに気がつきました。

今回は、デキる人が意識的・無意識的におこなっている仕事の「知られざる」ベーススキル、「分ける」技術をマスターすれば、効率的に仕事する力、そして論理的思考力は確実に上がっていきます。

研修で学べること

・若手社員の仕事の場面でよく見られる、報告と段取りを中心に、「分ける」を仕事でどう活用するコツを身に付けていきます。
・分けるを身に付ければ、他の仕事場面(情報の受信・発信、計画策定・問題解決・提案・会議の進行)などでも活用できるようになります。

研修カリキュラム

・分ける技術を身に付けたら、どう変わるの?
・上司がうなずく「分ける」報告術
・上司も賛成する「分ける」段取り・計画術
・「分ける」技術を身に付けるために
※受講生のレベル・研修に期待するニーズに応じて、内容を変更することも可能です。

参加者の必須条件

・オンラインでの少人数(最大8人)でおこなうため、役職や入社年次などを合わせるようご配慮ください。
・ZOOMを使ったセミナーですので、事前に研修責任者の方にZOOMでの進め方の前打ち合わせをさせて頂きます。
・受講生は原則PCでの受講をお願いします。研修中、講師のスライドを画面共有したり、受講生の意見をキーボードで入力してもらうことを想定しております。

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

・まんがでわかる!分ける報告術・分ける段取り術: 仕事がデキる人がやっている仕事のコツに基づいた内容です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/B0879FWFJ1

・講師からの実践面での説明、ワークを通じて分ける力をどのように実務に応用するか、など少人数ならではのやりとりをおこないます。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

株式会社 ヒトサクラボ / 代表取締役 2017年〜2019年

経営コンサルティング・人材育成・研修

関連する研修実績一例

大手流通業様・中小企業様 / OJTリーダー育成研修

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。