マンツーマンオンライン研修「初めての人のための決算書の読み方入門講座」

本研修の概要

研修対象者

全階層の社員が対象です。
ZOOMを利用したマンツーマンのオンライン研修!
■受講者1名
■ご自宅等のご都合の良い場所で受講できます。

研修内容

「貸借対照表」「損益計算書」に代表される決算書を見ても何だかよくわからない。そんな悩みをお持ちではないでしょうか?会社にとって決算書は1年の仕事の成果を総合的に評価する成績表です。それだけに、決算書を正しく読むことはビジネスパーソンには必須のスキルと言えます。
本セミナーでは債権回収のプロとして本当に使える決算書の活用を体験してきた講師が、とにかく短時間でわかりやすく解説します。また、講義ばかりではなくワーク(計算演習)を通して実践的に学べます。

研修で学べること

【研修受講の3つの効果】
1.決算書の基本を簡単マスター
2.決算書の押さえどころがスグわかる
3.簡単な経営分析・経営効率分析までわかりやすく解説

研修カリキュラム

1.決算書には2人の主役がいる!
(1)貸借対照表(BS)
(2)損益計算書(PL)

2.BS(貸借対照表)には3つの家と6つの部屋
(1)BSの3つの家と6つの部屋
(2)資産(流動資産・固定資産・繰延資産)
(3)負債(流動負債・固定負債)
(4)純資産(自己資本)

3.流動資産と固定資産の掟
(1)流動資産の掟
(2)固定資産の掟

4.流動負債と固定負債の掟
(1)流動負債の掟
(2)固定負債の掟

5.自己資本と他人資本の掟
(1)自己資本の掟
(2)他人資本の掟

6.BS(貸借対照表)の重要な公式
(1)純資産=資産-負債

7.PL(損益計算書)の5つの利益の掟
(1)売上総利益
(2)営業利益
(3)経常利益
(4)税引前当期純利益
(5)当期純利益

8.経営分析の3つの重要指標【演習】
(1)自己資本比率
(2)流動比率
(3)売上高営業利益率

9.経営効率分析の2つの重要指標【演習】
(1)ROE(自己資本利益率)
(2)ROA(総資産利益率)

10.最後の大物キャッシュフロー計算書
(1)営業キャッシュフロー
(2)投資キャッシュフロー
(3)財務キャッシュフロー

※参加者は電卓をご用意願います。

参加者の必須条件

ZOOMによるオンライン環境が準備できること

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

研修予定時間は2時間です。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

一般社団法人全日本講師連盟 / 顧問 2018年〜2018年

関連する研修実績一例

カーコンビニ倶楽部株式会社様 / 営業アドバイザーのための『決算書の読み方・財務分析』研修

講師プロフィール動画

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。