【小売業向け】業績を上げる販売マネジメント研修

本研修の概要

研修対象者

接客販売の必要なハードグッズ小売業の経営者、管理職、従業員の方

研修内容

AI化が進行すると、人がかかわる販売という業務はすたれるのではないかという方もいます。
しかし、同じ商品を価格競争しながら売っていく(日用雑貨など)業種ばかりではありません。アパレル、靴、スポーツ用品など、用途に専門性が求められる商品は、顧客と直接応対する販売員が重要です。小売業の未来もそこにあります。

研修で学べること

消費が高度化すればするほど、あらゆる商品に「コンサルティング販売」の要素が求められるようになります。単価を下げずに、付加価値を高め、お客様の満足を飛躍的に高める方法を導き出す研修です。
・自社の事業全体の特徴がわかるようになります
・接客に関する話法と顧客心理が学べます
・定型的な業務でも、毎日の仕事の意味が変わります
・単に売上を上げるだけではない業績の上げ方がわかります

研修カリキュラム

・業種・業態の特徴を整理する
・客層と商圏
・事例検討(他企業の成功・失敗事例)
・自社にとっての価値とは何か?(グループワーク)
・販売で付加価値を高める方法
・接客話法と心理効果
・自社のファンを作る

参加者の必須条件

必須条件はありません。どなたでも参加できますが、事例検討の都合で、同業種・同職種の方の集まりの方が効果的です。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

基本的に6時間のプログラムで、グループワークを使います。
4時間~7時間までのアレンジが可能です。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

ゼビオ株式会社 / 営業管理グループ リーダー 2001年〜2004年

社長室部長(就任後、創業オーナー急逝に伴い短期間でポスト消滅)を経て、営業管理の総責任者として商品在庫の資産管理を担当。責任在庫管理高約262億円。
在任中に外商部門設立や紳士服部門の売却(アオキホールディングス(株)へ)などに関与。

関連する研修実績一例

福島県内被災企業(4年間でのべ120社) / 企業力向上研修(7テーマ)

下記のメニューから選択して受講できる形式
・タイムマネジメント研修
・リーダーシップ開発研修
・ティーチング・コーチング研修
・人事制度基礎研修
・人材獲得研修
・業務改善研修
・リスクマネジメント研修

復興支援の予算にて年間30社を上限に4年間継続的に実施。研修満足度(5段階評価で4以上)95%。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。