3か月の長期研修で離職率0%を達成した人が辞めない教え方研修

本研修の概要

研修対象者

離職率の高さに悩む管理職、研修担当の方におすすめの研修です。特にコールセンター業界にいる方には知ってほしい内容が盛りだくさんです。

研修内容

有効求人倍率は依然高い水準を維持していますが、3年以内の離職率は30%程度と、決して低い数字ではありません。離職の主な原因は「人間関係」が25%、次いで「人事・評価」が11%程度です。この2つの理由を推察するに、入社から独り立ちまでの「教育」、独り立ち後の「フォロー」などが十分でない可能性が考えられます。

事実、「人材マネジメントのあり方に関する調査」によると、雇用形態を問わず「業務が多忙で、育成の時間的余裕がない」との回答が最多となり、新人育成を任された担当者は、自分の仕事を抱えながら片手間で新人育成にあたるということが浮き彫りになっています。

特にコールセンター業界は人の入れ替わりが激しく、後継者が育たない状態が恒常化しています。新人→教育担当というように役割だけが変化しているため、教える側も十分なスキルがなく手探りの状態で研修などを行っています。
本講演では、3か月の長期研修で35%あった離職率を0%にした方法をお伝えします。

研修で学べること

コミュニケーションと施策で、私がどのようにして離職率0%を達成したか学ぶことができます。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

SCKSサービスウェア株式会社 / 研修トレーナー 2014年〜2019年

2014年2月、スーパーバイザーとして入社。新人教育の一環で作成した研修資料のクオリティがクライアントから高く評価され、売却計画が持ち上がる。結果、売却という形ではなく、資料の使用許諾と引き換えに新規案件を受注することとなった。
同年9月、研修内容のわかりやすさが社内でも話題となり新人教育チームが設立され、専属の研修トレーナーとして就任。100人以上のテレフォンオペレーターをデビューさせる。

2017年4月、研修期間中の高い離職率を改善すべく解決策を計画。3カ月間にわたる長期研修の分割化、講義型研修から研修生主体の参加型研修への移行、帰属欲求を満たすための早期現場体験などを実行。以降、離職率0%を達成した。
同年12月、センターとして成熟期に入るためテレフォンオペレーターの教育と並行して現場の問題解決にも取り組む。テレフォンオペレーターのミス率が1.8%(SLAは1%未満)であったのを、ミス抑制プロジェクトを立ち上げ、2カ月後にはSLAを達成させた。

講師プロフィール動画

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。