【終日・7〜8時間】基礎から学ぶ!脳科学が教えるストレスマネジメント入門研修

本研修の概要

研修対象者

・新入社員〜中堅社員
・ストレスマネジメントの初学者
・日頃ストレスを感じていてなんとかしたいと感じている方
・これからストレスが高くなっていく可能性があり対処法を身につけたい方
・新入社員も良いが、入社後2年目〜若手社員でより効果的

研修内容

新入社員〜中堅社員の方が、ストレスに対して予防・対処・回復するための「ストレスマネジメント」を学ぶ、1日研修です。

【ハマる対象や課題感】
・ストレスマネジメントの初学者
・日頃ストレスを感じていてなんとかしたいと感じている方
・これからストレスが高くなっていく可能性があり対処法を身につけたい方
・新入社員も良いが、入社後2年目〜若手社員でより効果的

【この研修の特徴】
1.科学的根拠に基づくストレス対処法
近年、ストレスによる心身への影響は科学的に研究され多くの知見が得られています。ストレスによって心身にどういった変化が起きるか、それに対してどのような対処法が有効か?といった点を科学的根拠に基づいて丁寧に解説します。

2.ストレスの予防・対処・回復の3アプローチ
起きたストレスに対して「対処」することはもちろん、事後に大事なストレスからの「回復」や、事前に必要となる「予防」にも焦点を当てます。予防・対処・回復の3アプローチでトータルなストレスマネジメントを学びます。

3.わかりやすく実践的な講習&トレーニング
研修資料は、理解しやすく集中できるよう独自メソッドに基づいて作成しています。
グループワーク・個人ワークを多く行い、書籍や動画とは違う研修形式ならではの気づき・学びが得られるよう工夫をしています。

【受講者の声】
「1分間ライティングがすごく頭がスッキリした。これまであまり対策をしたことがなく、なんとなく崩れてしまっていたので、これからは自分に合った方法でストレスマネジメントをしたい。」20代・男性
「ストレスによって何が起きるのかが分かったし、こわいと思った。短い筋トレで計算スピードが上がったのは驚きました。筋トレは大変なのでストレッチをしたいと思います。ありがとうございました。」20代・女性
「聞きやすくわかりやすかったです。まだあまりストレスは多くないですがこれから増えると思うので、自分なりの方法を見つけたいと思いました。」20代・女性

研修で学べること

・ストレスマネジメントのスキルを学ぶ重要性と必要性
・ストレスの構造や心身に与える影響についての科学的知識
・科学的な根拠に基づくストレスマネジメントとはなにか
・ストレスを予防する「コンディショニング」
・ストレスに対処する「ストレスコーピング」
・ストレスから回復する「レジリエンストレーニング」
・ワークによる実践・体験、自分に適した方法の発見

研修カリキュラム

(1)イントロダクション
ストレスマネジメントとは / 研修の目的&ゴール / 自己紹介

(2)ストレスの科学
ストレスの構造 / ストレッサー / ストレスホルモン / ストレスの必要性 / 扁桃体 / 幸福ホルモン

(3)予防のためのコンディショニング
コンディションの重要性 / 心身を整えるテクニック

(4)対処のためのストレスコーピング
ストレスコーピングとは? / 4タイプのアプローチ / 2種類の実践法

(5)回復のためのレジリエンストレーニング
レジリエンスとは / レジリエンスを高める3ステップ / ネガティブ感情を断ち切る4つの方法 / レジリエンスマッスルに効く3要素

(6)実践!ストレス対処法
職場で出来る簡単ストレッチ / 呼吸瞑想とマインドフルネス / 1分間ライティングとセルフトーク

(7)まとめ

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

◯時間設定:7〜8時間

◯対応人数:10〜30人

◯コンテンツ制作料
・標準コンテンツ(修正なし) 無料
・他既存コンテンツとの差替 3万円(税抜)
・オリジナルコンテンツ含む制作(30%未満) 5万円(税抜)
・オリジナルコンテンツ含む制作(30%以上) 7万円(税抜)

※社名・日付のみの軽微な資料修正は無料対応(当社判断)
※制作量は、使用する資料総量に対する割合で算出

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

ウイルネス株式会社 / 代表取締役 2015年〜2019年

講師として新入社員研修・各種ビジネススキル研修・セミナー(自社開催・他社開催とも)に登壇。研修コンテンツの企画・制作を担当。また新人講師養成のインストラクターも担当。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。