「最強リーダーの思考法」研修

本研修の概要

研修対象者

・リーダーが成功する哲学を学びたい方
・リーダーシップの構成要素を知りたい方
・時代を生き残るための思考法を学びたい方
・組織にお勤めの方
・何かにチャレンジしたい方

・人材育成こそが企業最後の「資源」

研修内容

最強リーダーの「考動力」では、これらかを生き抜く「思考法」や自律的な「行動力」を伝え、次の【新しい時代のリーダー】に求められる能力を身につけてもらう内容となっています。

課題設定力、先見性、変化適応力、機会開発力、多様性受容力、共感力、意思決定力、実行力。

企業資源である「人材」が育ってほしい!とお考えの企業
は、お問合せください。

研修で学べること

・どうすれば新入社員が育ってくれるのか?
・社員が育つ前に辞めてしまい、定着しない。
・人材育成についてどんな取り組みをすればいいのか?

①HOWというやり方、手順を教えるレベル
②WHATという何をやるか優先順位を考えるレベル
③WHYというなぜやるか、何をなすべきか判断基準から考えるレベルの3段階。

研修カリキュラム

■進歩を遂げるテクノロジーと共存するスキル

・複雑化した社会をどう生き抜くか
・AI時代にこそ求められる「リーダーのスキル」
・混迷の時代を勝ち抜くリーダーに求めるスキル

■最強のリーダーシップを構成する要素

・「人を動かす」五つの要素
・強い「観」と深い「見」
・時代変化に対応するリーダーシッププロセス
・「シナジー効果」を生み出す仕組みの作り方

■チャレンジするリーダーたち

・安定は退化
・リーダーの価値を決めるもの
・「結果」は「行動」の積み重ね
・戦える環境をつくり出す

■ニュータイプリーダーの思考法

・これからのリーダーシップ、リーダーとは?
・VUCA時代のリーダーに求められる「構想力」
・問題解決から課題設定
・「基準」を見極める

■人材育成が最強の無形資産

・なぜ、社員が育たないのか?
・人材こそが最大で最後の企業資産
・「人材」が育たない企業の特徴
・リーダー育成の視点

■リーダー成功の哲学

・ プロフェッショナルの原義
・孤独は孤立を意味しない
・「集」の成功と「個」の幸福
・「挫折」と「リーダーの成長」

■新時代リーダーの組織論

・「個」のスキルを最大限生かすマルチ・リーダーシップ
・「自ら責任を負う」対話型マネジメントが組織を動かす
・「リーダー」の本質は「育てた数」で決まる
・「方向性」×「行動力」が組織のベクトルを決める

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。