精神疾患の見極め研修 ~休職者と精神科対応~

本研修の概要

研修対象者

総務・人事・国際人事など、従業員のメンタルヘルス業務に携わる方々

研修内容

うつ病を代表する精神疾患の基礎知識習得を目的とする研修です。

産業医はいても具体的な対応を示してくれなかったり、どのような状態をうつ病と呼べるのか、職場に誰も相談することができないなど、現場のスタッフが困り、手探りな状態で業務されているのではないでしょうか?

本研修では、基礎知識習得以外に、具体的な事例を持ち寄り、ケース事例検討会も実施して、具体的な施策まで一緒に考えてきます。

研修で学べること

・精神疾患の基礎知識
・休職において留意すること
・自殺(希死念慮)したいと言われたときの対応
・精神科の探し方と連携の仕方
・復帰後の定期面談の練習

参加者の必須条件

メンタルヘルスケア業務従事者
オンデマンドで質問を検討したい方

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

2日(調整ができますのでご相談ください)

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

四谷ゆいクリニック(精神科) / 臨床心理士 2018年〜2018年

外国人や海外にルーツを持つ方々の受診が可能である精神科クリニックに従事。
外国人のカウンセリングを多く担当、継続中。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。