空間デザインにおけるVRの活用体験研修

本研修の概要

研修対象者

大型プロダクトデザインや空間デザインで図面や完成予想図(レンダリング)でコミュニケーションしているがもっと体感として空間を検討するツールとしてVRを活用したい。あるいはVRはどのような可能性があるのか体験したいデザイナーはもちろんのことプロモーションツールとして利用したい企画/営業の方も対象です

研修内容

1.空間デザインを把握するデザインツールあるいは空間デザインや大型プロダクトを売り込むためのプロモーションツールとしてのVRの可能性を体験していただく。
2.具体的に活用したい場合はコンテンツ作成の依頼も受けられます。
3.自社内でVRをツールとして活用したい場合は機材のリコメンデーションからアプリの使い方研修まで対応できます。

研修で学べること

・VRの歴史、各種VR的アプローチの紹介
(360度レンダリングによる簡易VR/360度フォト&ムービー/最新レンダリングムービー/ARの可能性)
・デザインツールとしてのリアルタイムレンダリングVRの最新活用事例の体験

研修カリキュラム

・色々存在するVRの違い(ゲーム、360度写真、360度ムービー、パノラマレンダリングVR、リアルタイムレンダリングムービー)
・デザインツール/プレゼンテーションツールとしてのリアルタイムレンダリングVRの体験
・最新VRアプリである SYMMETRY、Enscape、Twinmotionの特徴を体験
・スキルを身に着けたい方にはアプリの使い方の研修コースも開催可能です。

参加者の必須条件

デザイン/プレゼンテーションツールとしてのVRがどのようなものか知りたい方。営業ツールとしても可能性ありますのでデザイン関係者に限りません。

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

VR体験研修は人数にもよりますがおおよそ3時間です。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

ソニー株式会社 / プロダクトデザイナー 1981年〜1999年

ソニー株デザイン部門に入社。オーディオデザイン、開発デザイン、パーソナルオーディオデザイン、プロフェッショナル機器(放送局機器)デザインを担当。
1996年から3年間サンパウロにデザインセンターブラジルを立ち上げ室長を経験

関連する研修実績一例

ソニー株式会社 / 3DCAD、Sketch Upの研修講師

ソニーのデザイン部門にインハウス時代に身に着けたSketch UP(3D CADアプリケーション)の使い方ノウハウを講習

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。