無言語コミュニケーションプログラム「DENSHIN」~組織風土改革研修編~

本研修の概要

研修対象者

風土改革やチームビルディングを通して、業務効率化やイノベーション体質な組織を実現したいチームや部署。

研修内容

【概要】
無言語コミュニケーションプログラム「DENSHIN」※を活用した組織風土改革研修です。

【対象者詳細】
基本的に下記に当てはまる対象者さまに価値提供をしております。

◇今まで数々の風土改革・チームビルディング研修を導入してきたが、効果が出なかった組織
◇ワークショップ系のコミュニケーション研修をやっているがイマイチ受講者が腑に落ちてなさそうなチーム
◇コミュニケーション能力のスキル部分以外も拡張し、対人関係のネクストステージに行きたい個人の方

無言語(=非言語ー音声情報)のワークショップを取り入れた最先端メソッドで、解決していきます。
DEAF(聴覚障害者)のいる職場でも多数導入していただいております。

【導入実績】
TBS/日本郵便/Yahoo/住友商事/ヤマサ醤油/アシックス/村田製作所/オムロン/早稲田大学/産業能率大学/同志社大学/大阪市/宝塚市
(他、約200企業・団体)

【メディア掲載実績】
■TV
毎日放送「VOICE」/NHK「おはよう関西」など
■新聞
秋田魁新報/神奈川新聞/静岡新聞/産経新聞/読売新聞/毎日新聞/京都新聞/四国新聞社/沖縄タイムス
■WEBメディア
KOKUYO 「MANA-Biz」
https://www.mana-biz.net/2019/03/post-369.php

※「DENSHIN(デンシン)」は、言葉や音声を用いない「無言語空間」で、コミュニケーションの本質である、"スキル以外の要素"を変革・向上させるコミュニケーション研修プログラムです。

研修カリキュラム

〈大手メーカーでの例〉
●09:00- オリエンテーション
●09:15- 無言語コミュニケーションプログラムDENSHIN※
●12:15- 昼食休憩
●13:00- 相互理解ワークショップ
●14:50- 適材適所を考えてみるワークショップ
●17:00 終了
※耳栓を装着し言語を使用できない状態でコミュニケーションをします

参加者の必須条件

下記に当てはまる対象者さまに価値提供をしております。

◇今まで数々の風土改革・チームビルディング研修を導入してきたが、効果が出なかった組織
◇ワークショップ系のコミュニケーション研修をやっているがイマイチ受講者が腑に落ちてなさそうなチーム
◇コミュニケーション能力のスキル部分以外も拡張し、対人関係のネクストステージに行きたい個人の方

無言語(=非言語ー音声情報)のワークショップを取り入れた最先端メソッドで、解決していきます。

※DEAF(聴覚障害者)のいる職場でも多数導入していただいております。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

ワークショップの特性上、参加者は8人以上32人以下でのご提供となります。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

株式会社Silent Voice / 取締役兼人財開発事業部責任者 2016年〜2019年

・組織風土改革やチームビルディングプログラムの開発および提供
・無言語(=非言語ー音声情報)のワークショップを取り入れた最先端メソッドの開発および導入支援
・雑談のない組織を無言語ワークショップで解決

講師プロフィール動画

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。