家族の命を守る 72時間サバイバル防災研修

本研修の概要

研修対象者

年齢性別問わずご参加いただけます

研修内容

日本列島は「観測史上初」という記録尽くしの災害に見舞われました。
◇ 震度6弱の大阪北部地震
◇ 西日本を襲った集中豪雨
◇ 40度を超える連日の酷暑
◇ 西へ進む異例の逆走台風

各地で甚大な被害が出ただけではなく、多くの尊い命も奪われました。 地球規模で大きな環境変化が起きているようにみえるこの時代、 いつ何時、天変地異が私たちに襲い掛かっても不思議ではありません。
災害に直面した時 生死を分けるのが「命を守る行動」です。
その為には「防災」を学ぶ必要があります。 防災は大きく分けて2つあります。 「備え」と「発生後」です。
「備え」は、自分の生活圏がどのような危険にさらされているかを把握し 事前に避難の手順と知識をしっかりと用意しておくことです。

その内容に関して、じっくり学んでいただきます。

研修で学べること

命を守るには、まず地震「発生後」の72時間を生き抜くこと。
そのために「備え」が必要です。

「備え」と「発生後」に関して、地震だけでなく大切な人を守る防災に関して体得いただけます。

研修カリキュラム

〇ハザードマップで自宅を確認
〇防災袋にいれる7つ道具
〇家族と連絡を取る手段

「発生後」は、災害が起きた時、すみやかに自分や家族の安全を確保し 生存率のデッドラインとなる72時間を生き延びるための行動です。

〇災害が起きた時のとっさの行動
〇倒壊した家からの脱出方法
〇簡易トイレと缶詰グルメの作り方

日常生活の中で常に防災へ意識を保ち続けることが、突然襲い掛かる災害から身を守る唯一の手段なのです。

特に大きな被害が想定される「地震」と「水害」の2つ分野で
防災の知識だけでなく、すぐに実践できるサバイバル術をお伝えします。 家族の命を守り、サバイバル防災講座をぜひご参加ください。


参加者の必須条件

特にありません

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。