バイヤーを動かす提案営業基礎研修

本研修の概要

研修対象者

量販店を担当する営業パーソン

研修内容

あなたの提案が魅力的になり、バイヤーに信頼され、営業成績がアップします。

具体的な事例を豊富に取り入れわかりやすく、かつ階段を一段ずつ上るように実践して、提案営業法を身につけます。ワークも取り入れ、その場でスキルが身につく仕組みになっております。

研修で学べること

徹底的に現場重視で実施します。基礎理論から商談プレゼンまで一気に身に着けることを目指します。

まずは基礎的な量販店バイヤーを動かすポイントを理解し、提案書作成から模擬プレゼンまでをカバーした研修です。

研修カリキュラム

1. これを知らないと商談でつまずきます。GMS/SM営業が知るべき情報とは?(必須情報)

A) GMS/SM業界はなぜ価格に厳しいのか?

B) 各社の戦略はどうなっているのか?

C) 攻略の糸口はどう見つけるのか?

D) 提案を通すために、自社が提供できる武器を確認する

E) バイヤーに刺さるために、あなたがもつ武器を作る

2. バイヤー攻略のカギはこれだ!(バイヤー理解力アップ)

A) バイヤーの生態をただしく理解する

B) バイヤーは本当に忙しいのか?何をしているのか?

C) バイヤーの情報源とは?

D) これを外したらアウト、アポイントを取るためにしなければいけないこと

E) バイヤーに好かれるには関係者を理解する

F) バイヤーの位置づけとは

G) バイヤーが関係する部署とは

3. 絶対提案を通すために必要なこと

A) 通る提案・通らない提案とは?

B) 提案書は一枚目で決まる

C) 通る提案にするための必須項目

D) 本当に通るかどうか不安な人のためのぐっと上がるチェ
ック

4. 通る提案にはセオリーがある

A) たった5分で、提案確率を格段に上げる方法とは

B) 自分の提案をブラッシュアップするには?

C) 商談は最初が8割、勝利を掴み取るスタートとは

D) 通る確率をぐんぐん上げる提案プレゼン

参加者の必須条件

食品SM/GMS向け担当者

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

実績
大手飲料メーカー様
大手調理用品メーカー様
大手日用品メーカー様
他多数

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

イオンリテール株式会社 / ホームファッションマネージャー 1998年〜2009年

担当商材 インテリア・寝具・ダイニング・ハウスホールド・家電・スポーツ
●主な担当業務内容
 <店舗マーケティング・マーチャンダイジング計画立案>
・マーケティング(売上分析・市場分析)及び販売計画立案
・商品導入及び納期リクエスト、売上予測に基づく発注管理
・在庫管理(発注から在庫管理・処分まで)
・販促キャンペーン立案及び新規提案(月別・週別展開立案)
・広告掲載商品の選定
・販売スタッフへの商品説明及び指導
  <分析・数値管理業務>
・週次・月次・年次データの作成及び分析レポート
・社内対策プロジェクトの資料作成・データ分析・対策立案
●得意分野
・エリアの実情に合わせた店舗戦略の立案
<マクロデータ(人口、消費特性、住環境)、競合店データ(特徴、品揃え、価格、サービス、販促)、自社データ(商圏、来店頻度、購買分野)を勘案した戦略の提案>
・データ分析に基づいた品揃え、販販促計画立案
<POSデータ、全国ランキング、トレンド情報に基づき、販促の提案、品揃えの改廃・在庫効率化(時系列、ランキング、ABC分析)>

関連する研修実績一例

大手飲料メーカー様 / バイヤーを攻略する提案営業実践編

受講者:20名程度 大手量販店担当の5-10年目くらいの営業マン向け
受講ニーズ:いつもバイヤーときちんとコミュニケーションできない。今後はしっかり提案していきたい
カリキュラム概要:
小売店の現状と課題は何か
バイヤーの仕事とは
バイヤーが求めていることは
どのように商談すべきか

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。