【働き方改革】生産性を低下させない 職場内のコミュニケーション研修

本研修の概要

研修対象者

働き方改革の実施内容を検討している方
社内で常に怒りの感情が存在している企業様

研修内容

「働き方改革」として企業の生産性向上が必要な現代ですが、
怒りの感情で生産性を著しく落としている
可能性があることをご存知でしょうか。

▼怒られる人
【怒られた部下の4割がモチベーション低下】
日本アンガーマネジメント協会の調査で、
怒られた部下の約4割がモチベーションが低下したと回答しており、
約25%の人が相手を避けるようになった、
精神的に不安定になったと解凍しております。

このような職場環境では、
たとえどのような施策を行ったとしても
生産性が上がるとは到底考えられません。

▼怒る人
【1時間怒ること=6時間相当の残業】
こんな研究結果が出ております。
1時間怒り続けることで消耗する体力と精神力は
残業6時間に相当するというデータがあります。

6時間程の残業をした後では
業務の生産性が上がるとは到底考えられません。
そもそも1時間怒るということは、
1時間分の生産を行っていないことになります。

このように怒りの感情が生産性に
マイナスを及ぼしていることがわかります。

▼アンガーマネジメントを通して
アンガーマネジメントは
怒りの感情で後悔しない為の心理トレーニング術です。

怒りの感情で業務の生産性が低下している場合、
それは後悔すべきことではないでしょうか。

▼働き方改革
働き方改革を行う為には、
以下の3つを整えることが必要と考えております。

・環境
・仕組みや制度
・IT

この中の〝環境”を整える為の手段として、
アンガーマネジメントをお伝え致します。

研修で学べること

・「怒り」という感情について
・「怒り」に隠れている感情
・怒らせるものの正体
・怒りの感情との付き合い方

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。