CCNA資格対策研修

本研修の概要

研修対象者

・ネットワークに関する基本的な知識を習得している方
・Cisco製品の知識を深めたい方

研修内容

企業がコントローラベースアーキテクチャへ移行するに連れて、コアネットワークエンジニアに求められる役割やスキルは進化し、これまで以上に重要なものになります。
このようなネットワーク トランジションに対応できるようにするために、ネットワーク技術者の初級資格であるCCNA(Cisco Certified Network Associate)の範囲に関する知識習得を目的としたコースです。
スイッチング・ルーティングの追加知識、WANテクノロジー、インフラストラクチャについて、実機を使用した演習を通して知識を習得していただきます。

研修で学べること

・LANスイッチングとIPルーティング、ルーティングプロトコルの設定について理解する。
・LANスイッチングとIPルーティングのトラブルシューティングができるようになる。
・CCNA取得するための力を身に着ける

研修カリキュラム

1.イーサネットの規格
・プロトコルとOSI参照モデル
・ネットワークトポロジ
・ケーブル企画
・CSMA/CD
・MACアドレス
・レイヤとネットワーク機器
・コリジョンドメインとブロードキャストドメイン

2.レイヤ2スイッチの機能
・転送/フィルタリング
・スイッチのインターフェース
・STP、ポートセキュリティ
・RSTP
・EtherChannel

3. VLAN
・VLANの概要
・VLANの設定と確認
・トラブルシューティング
・VTPの動作
・VLAN間ルーティング

4.TCP/IP
・IP アドレスのクラス
・IPアドレス計算
・ネットワークアドレスとブロードキャスト
・VLSMとFLSM
・グローバルIP アドレスとプライベートIP
・ARP
・TCPとUDP

5.IPv6
・IPv6の概要
・IPv6 アドレスの表記
・オートコンフィグレーション
・ICMPv6
・CiscoルータのIPv6設定

6.Ciscoルータの基本設定
・インターフェース設定
・通信とステータスの確認
・設定の保存
・パスワードリカバリ
・IOS のバックアップ
・設定ファイルのバックアップ、ロード
・CDPの概要

7.ルーティング(1)
・ルーティングテーブルの作成
・スタティックルーティング
・デフォルトルートの設定
・ダイナミックルーティング(RIPv2)
・クラスフルルーティングプロトコル
・クラスレスルーティングプロトコル
・VLSM
・経路集約

8.ルーティング(2)
・OSPFの概要
・OSPFの設定と確認
・OSPFのトラブルシューティング
・OSPFv3
・EIGRPの概要
・EIGRPの設定と確認
・EIGRPのトラブルシューティング
・EIGRP for IPv6

9.デフォルトゲートウェイの冗長化
・HSRPの概要
・スタンバイグループに参加するルータ
・HSRP の設定
・HSRP のステータス確認
・HSRP のロードバランシング

10.アクセスリスト
・アクセスリストの概要
・アクセスリストの設定
・標準アクセスリスト
・拡張アクセスリスト

11.NAT
・プライベートアドレスとNAT
・NATの設定
・スタティックNAT
・ダイナミックNAT
・PAT

12.WAN
・WANの基礎
・PPP
・PPPoE
・VPN
・GRE
・BGP

13. インフラストラクチャの運用
・SNMP
・パフォーマンスとトラフィックの計測
・セキュリティ
・その他の運用管理技術

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名)

研修時間の目安

5日(調整ができますのでご相談ください)

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。