働き方改革のための『タイムパフォーマンス』向上について研修を行います

本研修の概要

研修対象者

タイムパフォーマンス(時間対効果)を向上させたと考えているビジネスパーソン

研修内容

働き方改革では、労働時間よりも仕事の成果に応じて報酬を支払う考え方が大きなテーマになります。この研修では、タイムパフォーマンス(時間対効果)の概念と有効な手法を講義ばかりではなくワークを通して具体的・実践的に解説します。

研修で学べること

①タイムパフォーマンスの概念が習得できます。
②タイムパフォーマンスを高める時間管理手法が理解できます。
③タイムパフォーマンスの高い仕事が実現し生産性が向上します。

研修カリキュラム

1.タイムパフォーマンスの概念
(1)「コスパ」から「タイパ」へ
(2)時間は最も貴重な資源(タイムイズライフ)
(3)1時間をどう使うか
(4)時間泥棒は何か
(5)タイムパフォーマンスの低い仕事は何か
(6)タイムパフォーマンスを考える(個人ワーク/発表/解説)

2.タイムパフォーマンスを高める時間管理手法
(1)やることリストの活用(アイビーリーの25,000ドルのアイディア)
(2)時間を記録して分析する(ピータードラッカー流時間管理術)
(3)細切れ時間の活用(専用の仕事を用意する)
(4)すぐに着手する(鉄は熱いうちに打て)
(5)デッドライン(締切日)を早く設定する
(6)時間管理手法を考える(ディスカッション/解説)

3.タイムパフォーマンスを意識した仕事の段取り
(1)通勤時間もタイムパフォーマンスの対象
(2)1日の時間を投下したパフォーマンスを考える
(3)やるべき仕事のイメージング
(4)仕事の手順を考える
(5)準備をする人はリスク管理能力のある人
(6)明日から何を変えますか?((個人ワーク/発表/解説)

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

予定時間2時間

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

一般社団法人全日本講師連盟 / 顧問 2018年〜2018年

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。