上司と部下の報・連・相共通言語化プロジェクトについて研修を行います

本研修の概要

研修対象者

1.管理・監督職 先輩社員
2.一般社員

研修内容

「最近の若い者は」という言葉は4,000年前の古代エジプトの遺跡にも残っている
そうです。どれだけ時代は移り変わっても、年長者と若手との間にはギャップがあり、
コミュニケーションを図ることの難しさを表していると言えます。

2017年の現在における20代の若手社員はいわゆる「ゆとり世代」であり、
30代~50代の上司・先輩からは「何を考えていいのかわからない」、「どうやって
接すればいいのでしょうか」という声を大変多く聞きます。
逆に若手からは「なぜ認めてくれないのだろうか」、「もっと的確に明確に話をしてほしい」
といった言葉をよく聞きます。

このプロジェクトでは、お互いの傾向を理解しあい、相手の特性に合わせたコミュニケーションの取り方を学びます。また、指示命令についてコインの表と裏のように、
上司は「仕方」部下は「受け方」、報・連・相については上司は「させ方」部下は「仕方」を習得します。

相互理解を深め指示命令・報告・連絡・相談について上司と部下が共通言語化する
ことで意思の疎通を図り、最終的には業務の効率化を図ること、また風通しの良い職場風土を作ることで社員満足度を向上し社員を定着させることが当プロジェクトの目的です。

研修で学べること

上司側は
・指示・命令のしかた
・リーダーシップとコミュニケーション
・マネジメント
・ほめ方、しかり方、さとし方
・報連相のさせ方
・コーチングの手法

部下側は
・キャリアの棚卸
・指示・命令の受け方
・意見具申のしかた
・報連相のしかた
・話しかた・聴きかた
・半年の行動目標の策定
です。

上司と部下がこの研修をセットで受けることでコミュニケーションの「共通言語化」ができます。それによってコミュニケーションが活性化され、風通しの良い生産性の高い職場づくりができます。

研修カリキュラム

上司向け 部下を動かす指導とマネジメント研修

1.オリエンテーション
  アイスブレイク
  目的と概要の周知

2.管理者に求められる立場と役割とコミュニケーション
  組織の目的とは
  管理職の行うこと(マネジメント 部下指導 問題解決)
  指導者には率先垂範力とコミュニケーション力が問われる
  コミュニケーションとリーダーシップ
  集団維持機能と課題達成機能
  状況別のリーダーシップ

3.コミュニケーションスタイル診断
  自己のコミュニケーションスタイルの傾向分析  
  自己の強みや弱みを理解し実践する
  最近の若手の傾向

4.コミュニケーションを体感する
  組織ゲームの実施
  ゲームの振り返りとフィードバック

5.指導スキルを強化する(ティーチングとコーチング)  
  指示・命令の仕方
  報・連・相のさせ方
  ほめ方・しかり方
  コミュニケーションのコツ
  伝える技術と聴く技術
  
6.まとめ
  指導と評価の関係
  明日からの課題

部下向け 自己実現とコミュニケーション研修

1.オリエンテーション

2.自立型・自律型人材になるために
  これからの社会はどうなるか
  なりたい私と今の私

3.周りから認められる自分、なりたい自分になるために
  今までの仕事の棚卸し
  自己特性の理解
  目標設定の仕方

4.コミュニケーションスタイル診断
  自己のコミュニケーションスタイルの傾向分析  
  自己の強みや弱みを理解し実践する
  違う年代の上司の傾向

5.報・連・相のあれこれ
  上司との共通言語化
  指示命令の受け方
  報・連・相の仕方
  5W2Hとは

6.相手の立場を理解したコミュニケーション
  ①聴く力のスキルアップ
    相手と向き合うということ
    視線・態度・うなづき・あいづち
    オウム返しとその応用
  ②話す力のスキルアップ
    思いは表現次第で伝わるもの
    結論先出しの話法  
    
7.半年後に向けて
  半年計画の作成
  私の誓い 発表

まとめ

対象人数の目安

少人数(〜20名)

研修時間の目安

2日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

上司の研修1日 部下の研修1日です。人数は各クラス20名以下ですので、例えば上司15名、部下60名でしたら上司研修が1日、部下研修が3日になります。

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

株式会社コムスン / 関西統括部 統括部長代理 2003年〜2005年

関西全域の訪問入浴事業と、滋賀全域・京都全域・大阪府の一部支店を管掌し、ヘルパーステーション15箇所の指導管理・人事・採用・営業・新規出店立上・クレーム対応等業務に従事した。
担当部門である訪問入浴事業の営業・新規出店等を行うことにより売上倍増を半年で達成し、赤字であった部門を黒字化させる。
また、管掌地区においても大幅な売上増を達成した。

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。