債権回収『売掛金回収の基本と実践』について研修を行います

本研修の概要

研修対象者

中小企業経営者や総務・経理・営業等で売掛金の回収に携わっているビジネスパーソン

研修内容

会社を安定成長させるためには売上高の増加が必須要件ですが、せっかく売った商品でも売掛金が回収できなければ利益になりません。売掛金回収において、万が一不良債権化した際に、法的手続きで進める場合は時間も弁護士費用もかかります。しかも、相手の弁済能力によっては期待外れの結果に終わってしまい、費用対効果が悪いケースも少なくありません。
この研修では、法的手続きに頼らない任意回収で大きな成果をあげることを目的にノンバンクで3万人を超える不良債権客に接してきた講師が具体的・実践的な解説をします。

研修で学べること

①すぐに役立つ法的手続きに頼らない任意回収の手法が理解できます。
②与信管理のポイントが理解できます。
③与信管理から債権回収までの効果的な仕組み作りが理解できます。

研修カリキュラム

1 債権回収とは何か
1)債権とは何ですか?
2)有担保債権と無担保債権
3)債権回収とは何ですか?
4)法的回収と任意回収
5)債権回収7つの心構え

2 与信管理とは何か
1)与信管理とは何ですか?
2)危ない会社の見分け方(商業登記簿・不動産登記簿・現地調査)
3)信用調査(数字からの経営分析:財務諸表のチェック)
4)危ない人物の見分け方(本人確認書類・筆跡・印象・その他)
5)危険兆候の発見と対応

3 回収行動の準備(延滞発生時の対応)
1)請求書の発送確認
2)回収先の分類(取引状況・ランク分類)
3)回収先への電話連絡
4)回収先相談票の作成
5)債権保全会議
6)回収7つ道具

4 回収行動(初期の対応ポイント)
1)入金できない理由の確認(エビデンスの徴求)
2)内金回収(時効の中断)
3)次回入金約束の根拠を確認(5W2H・裏付け調査)
4)交換条件の提示(連帯保証人の要求)
5)連帯保証人拒否時の対応(念書取得)

5 回収行動(約束不履行時の対応ポイント)
1)約束不履行時の対応(連帯保証人の追加要求)
2)連帯保証人拒否時の対応(遅延利息の要求)
3)金融機関からの資金調達要請

6 不良債権回収における基本的交渉術
1)あなたはどうやって交渉しますか?
2)初動要求を大きくしろ!
3)交換条件を出せ!
4)約束の根拠を明確にしろ!
5)裏付け調査を要求しろ!
6)落としどころを考えろ!
7)とりあえず約束を取れ!
8)不履行即フォローで弱みを握れ!

7 不良債権回収における特別な交渉術
1)心理的プレッシャーをかける交渉術(債権譲渡・弁護士、役所への相談)
2)【ケーススタディ①】債務整理(肩代わり返済)を引き出す交渉術
3)【ケーススタディ②】1週間で月間回収目標を達成した交渉術
4)商売の売掛金は法律の縛りが無いのが強み!(夜討ち朝駆け・その他)

8 会社経営にとって、なぜ債権回収が重要なのか?
1)資金繰りの問題(売上債権回転率)
2)【演習】売上債権回転率の計算
3)経費の問題(貸倒引当金・貸倒損失)
4)税金の問題(法人税)
5)会社にとって「売上」と「回収」はクルマの両輪

9 債権回収をシステム化(標準化)する
1)債権回収マニュアルを作る
2)交渉履歴を記録した顧客台帳を作る
3)債権回収ツールを活用する
4)定期的な報告会議を開催する

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

その他 特記事項

『売掛金回収プロの極意』のタイトルで日本全国の経済団体(商工会・商工会議所・法人会)での講演実績有り。
『売掛金の与信と回収のコツ』のタイトルで日刊工業新聞社での講演実績有り。

【著書】債権回収のプロが教える世界一わかりやすい!お金を取り返す技術

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

一般社団法人全日本講師連盟 / 顧問 2018年〜2018年

関連する研修実績一例

カーコンビニ倶楽部株式会社様 / 営業アドバイザーのための『売掛金回収(代金回収)』研修

講師プロフィール動画

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。