ワークショップによる共用空間のデザイン研修

本研修の概要

研修対象者

全ての部署・部門所属の社員(役員クラスも可)

研修内容

最も身近な環境としての住空間、このような住環境を作り出してきた建築やインテリアの歴史、地域性についてのレクチャーの後、現代のシェアハウスにおける共用空間に求められる機能等についてグループにて議論、グループごとにシェアハウスのコンセプトやアイディアを口頭発表をして頂きます。

研修で学べること

歴史文化や現代社会を意識したうえで、共同作業によるデザイン思考やコミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルを身に付けることが出来ます。

対象人数の目安

少人数(〜20名) 中人数(20〜50名) 大人数(50名〜)

研修時間の目安

1日(調整ができますのでご相談ください)

関連する講師情報

研修に関連する講師の職歴

株式会社FLD都市環境デザイン / 取締役・管理建築士 1991年〜2018年

無料で相談をはじめる

2〜3名の講師に同じ内容を相談し、一番要件に合った方へのご依頼を推奨しています
相談したい研修内容
研修に使える時間の目安
研修時期の目安
研修対象と人数の目安
現時点の想定実施場所
研修予算の目安 (任意)
メッセージ

0/250

いずれも相談の内容で確定にはなりません。相談・詳細決定後に研修依頼を確定できます。