プロダクトマネジメント・ITコンサルティング研修

プロダクトマネジメント・ITコンサルティング研修カテゴリ

1/1ページ

50,000円 税抜/1日 目安1日

テレビメモ術「SE/営業向け 成功企業に学ぶ業種知識習得」【1時間】研修

業務知識を得るためのトレーニング方法を伝授します。講師が20年間実践している集大成ノウハウです。 業種業務の成功ノウハウを得るには、成功企業の成功理由を沢山知ることです!知らないから応用できないだけです。 <研修概要> ①観る ⇒②メモる ⇒③学ぶ  だけ ①「観る」経済テレビ番組を観て ②「メモる」当社独自A4一枚にメモ!コアはわずか3項目 ③ 成功理由を、マーケティング理論やその他セオリーを使って解説します。 「わずか1時間座学」ぜひ体験してください ◆テレビの観かたを変えるだけで、業種業務知識が格段に広がり、他人や他社との差別化ができます。

経営パワー株式会社 岩井 先生  Oncy認定 / 対応地域:全国

145,000円 税抜/1日 目安1日

「プロジェクト計画」を基礎から丁寧に学べるプロジェクトマネジメント研修

システム開発や新規事業、業務改善などで行う「プロジェクト」はそのスタート前後が最も肝心。 ある調査によると、実に67%のプロジェクトの失敗の原因がプロジェクト開始時の不備によるものとされています。 どうやって物事が決まっていない不確実な状況でプロジェクト計画を進めればいいのか? Webサービス/システム開発をテーマに、プロジェクト計画の考え方や要件定義のコツ、見積りの作り方やその確認方法、タスク管理のやり方をそれぞれ各1時間ずつ(質疑応答含む)で丁寧にご説明します。

パラダイスウェア株式会社 橋本 先生 / 対応地域:全国

100,000円 税抜/1日 目安5日

ケースメソッド(短い文章でのケーススタディ)を用いたプロジェクトのリスク管理のスキルアップについて研修を行います

【狙い】 システム開発のプロジェクトがケース(参考事例参照)のような状況にあるとき、 ①何が問題かを発見し、認識する ②そこにはどのようなリスクが想定されるか ③それを解決、未然防止するにはどうすればよいか をプロジェクト責任者(プロジェクトマネージャー)として自ら考え、行動する力を身につける。 (参考;ケース事例) a.顧客に出入りしていて能力が不明のベンダーを配下にして開発しなければならない、という顧客からの受注条件での案件を扱わなければならない状況への対処 b.進捗が遅れているプロジェクトを、開発体制を強化して挽回しようとする状況への対処 c.自社の提供したシステムで重大な障害が発生し、顧客から大クレームを受けている、という状況への対処 d.自社の提供したシステムの障害が未解決で時間を要している状況で、障害復旧を急がねばならない半面、対応メンバーの健康も考慮しなければならない場面への対処 e.現行システムのマイグレーションで、顧客にも自社にも当時の開発メンバーが不在で、ドキュメントも最新版かどうか不確かな状況での対処 f.ビジネスパートナー(協力会社)への委託作業で、突然の遅延報告を受けた状況への対処 g.成長を期待している部下が、発生した難題の対応に苦労しているが、顧客への責任上から放任はできず、育成面も考慮してどのように手助けすべきか、という状況への対処 h.他ベンダーが途中工程で放棄した案件を、営業が受注意欲を持っている、という状況への対処 i.顧客がコンサルタントに作成させた構想を実現する、という条件での構築への対処 j.顧客の分担作業の進捗遅れが全体に悪影響を及ぼす状況の対処 k.開発中に顧客から仕様追加・変更が発生し、品質・費用・納期(QCD)の確保が危ぶまれる状況への対処 <進め方の概要> ・受講者は小グループ(4~6名)で実施し、講師からの一方通行で受け身にならぬよう、参加意識を強めて議論をし易くする。 ・受講者は経験は十分ではないが、若手・中堅で将来を嘱望され、自立を期待する人が好ましい。 ・講師は受講者の議論を促進させる。また自らの体験を披露して受講者への参考に供する。 ・題材にしたい状況は各社・各部門の失敗事例や懸念事項を元に、依頼者と講師が相談の上で作成する。 ・題材にするケースは、敢えて曖昧さや不明点を残した短文の表現でケースとし、(各自が通用しそうな条件付けは許可、但し都合の良い絞り込みは不可)そこから問題を発見し、リスクを想像し、対策を考える。 ・事前または当日その場で問題を提示、解答を回収後にコピーを受講者全員に配布する。 ・疑似体験を通して各自が自ら考え他の人の考えを参考にして、知識でなく実践力を学ぶ。 ・各々の受講者の解答を順次発表し、他の受講者と講師がコメントする。全員が終了したら講師の解説(正解ではない)と経験(主として失敗・苦労)を披露して参考にしてもらう。 ・1ケース約2時間、1日(半日)2ケースを目安として実施する。 ・多くのケースを繰り返し経験して、自己解決能力を向上させる。

元 大手IT研修企業(NM社) 横山 先生 / 対応地域:全国