経営数字の基礎研修

経営数字の基礎研修カテゴリ

1/1ページ

150,000円 税抜/1日 目安1日

初めての人のための「財務分析」入門研修

■開催にあたって 財務分析と聞いても何だか難しそうでよくわからない。そんな悩みをお持ちではないでしょうか? 仕事の大半がAIに置き換わっていく未来では、企画・提案等の「考える仕事」だけが人間に残されたものになっていきます。これからのビジネスパーソンにとって「考える仕事」で成果を出すためには経営センスを磨くことが重要となり、財務分析のスキルはまさに必須と言えます。 本セミナーでは債権回収のプロとして本当に使える財務分析を体験してきた講師が、とにかくわかりやすいことに重点を置き解説します。また、講義ばかりではなくワーク(計算演習)を通して実践的に学べます。

一般社団法人全日本講師連盟 森 先生  Oncy認定 / 対応地域:東京都

150,000円 税抜/1日 目安1日

誰でもわかるB/S、P/Lの見方のポイント研修

簿記や会計の知識が全くなくてもB/S、P/Lをざっと読むことができるようになることを目的にしています。

TRUNK株式会社 名前:非公開 / 対応地域:東京都

100,000円 税抜/1日 目安1日

~決算書を初めて見る、基礎から学びたい方向け~経営数字について研修を行います

決算書を”見る”から”読む”へ「決算数字に対する苦手意識を取り除く」 銀行出身、財務分析研修を多数開催している講師が、決算書を初めて見る方が必ず押さえておくべき必須要素を分かりやすくお伝えします。 決算数字を使用して自社の状況を受講者の方々にお伝えするなども必要に応じて対応します! 損益計算書や貸借対照表は、会社の現状や将来を予測する様々な情報が詰まっていて現代のビジネスマンの身に着けるべき必須能力となっています。本研修では、損益計算書・貸借対照表で用いられる主要な項目の意味や、情報を読み取る着眼点、実際に経営数字を計算してみるなどをお伝えします。 企業の現状を客観的に判断する力が身につきます。 1. そもそも決算書とは何だろう (1)決算書の概要 (2)決算書を見る目的は (3)決算数字から自社の決算書と同業者の決算書を当ててみましょう(必要に応じて) 2. 決算書における損益計算書の見方 (1)損益計算書とは(簡単にするとどういうことか) (2)自社の損益情報は知っていますか(必要に応じて) (3)売上計上基準について (4)販売費及・一般管理費の内容 (5)営業外損益の概要 (6)特別損益の概要 (7)売上高と5つの利益 (8)売上高利益率について (9)銀行って損益計算書のどこを見ているの?(必要に応じて) (10)ワーク”実際に損益計算書を比較してみましょう” 3. 決算書における貸借対照表の見方 (1)貸借対照表とは(簡単にするとどういうことか) (2)自社の貸借情報は知っていますか(必要に応じて) (3)貸借対照表の見方勘所 (4)貸借対照表の配列 (5)銀行って貸借対照表のどこを見ているの?(必要に応じて) (6)ワーク”実際に貸借対照表を比較してみましょう” (7)貸借対照表タイプ別分類 (8)流動比率・自己資本比率の活用 4. まとめ~学んだことを今後に活かす為に~

銀行/コンサルタント 名前:非公開  Oncy認定 / 対応地域:全国

お探しの研修が見つからない場合

こちらのページもご確認ください。リカレントの経営数字の基礎研修